購買事業 2016.12.14

人形供養祭の供養料を社会福祉へ寄付

10月30日にJAホール竜ケ崎にて人形供養祭を行い12月9日に地域貢献のため、龍ケ崎市を通じ、社会福祉法人龍ケ崎市社会福祉協議会へ、その際に頂いた人形供養料の一部を寄付しました。

 同協議会常務理事の青山悦也氏は「ありがとうございます。社会福祉の為に大切に使わせていただきます。」と話していました。

画像イメージ
購買事業 2016.12.12

低コスト省力化 密苗技術について学ぶ

12月7日(水)に喜仙会議室にて、組合員18名参加の下、ヤンマーアグリジャパンの有賀寛幸氏をお招きして、農林水産省「最新農業技術2016」に選ばれた「密苗育苗技術」ついて講習を受けました。

 「密苗育苗技術」とは、育苗箱当たりの乾籾播種量を250g~300gと高密度で播種する栽培法で、10アール当たりの使用苗箱数が、慣行の18枚から5~6枚と減り、資材費も削減され、運版・苗継ぎ時間を削減することが出来る技術です。

 講習では、スライドやDVDで、苗作りや移植についての説明、実証試験による収量の比較、対応した田植え機用部品の展示、質疑応答などが行われました。

 参加者からは、立ち枯れ病予防・欠株率について、密苗栽培の播種時期は何月まで可能なのか、などたくさんの質問が挙がり関心の高さが伺えました。

画像イメージ
購買事業 2016.11.18

食農体験活動/八原小学校大根収穫体験

JA竜ケ崎では、11月2日に龍ケ崎市藤ヶ丘の龍ケ岡振興センター圃場において龍ケ崎市立八原小学校2年生127名職員7名保護者16名により大きく成長した大根約1100本の収穫を行いました。児童たちが、約5アールの圃場に9月2日に種まきを行い、約2カ月の生育期間を経ての収穫の時期を向かえました。

この食農教育活動は、様々な経験を通じて「食」に関する知識を習得し、健全な食生活を目的に、龍ケ崎市農業政策課と協力して平成19年から行っており今年で10回目を迎えます。

同小の浅野誠教頭は、「子供たちは、皆今日の収穫を楽しみにしていました。昔と違い、土にふれる経験が少なくなってきている中、貴重な体験ができ、感謝しています。自然の恵みや豊かさを体感することで心の芽も育む体験活動になりました。」と話していました。

大根を抜くたびに、圃場から「大きい」、「抜けたよ」など児童たちの喜びの声が響き渡りました。

「お母さんにおでんにしてもらうんだ。」「味噌汁を作ってみたい」など、旬の食材に対する貴重な経験となりました。

画像イメージ
購買事業 2016.11.01

人形供養祭がしめやかに

JA竜ケ崎の葬祭施設である「JAホール竜ケ崎」では、組合員の皆様に日頃の感謝を込め又、地域の方々に広くJAホールを知ってもらう為、10月30日(日)に人形供養祭を行いました。

当日は179組の方々がご来場、約1000体の人形やぬいぐるみが持ち込まれ、住職により丁寧に供養していただきました。参加者は、受付を済ませると、家庭にある思い出深いお人形やぬいぐるみなどを自分のたちの手で祭壇に飾り、最後のお別れを告げ、深々と焼香を上げていました。

供養祭終了後は、おたのしみ抽選会が行われ、当選された方は、特賞の牛肉や、ミカン・季節の野菜つめ合わせセットなどを手に帰宅しました。

今回参加された皆様よりの供養料の一部は、社会福祉協議会へ寄付させていただく予定です。

画像イメージ
購買事業 2016.09.23

食農体験活動/竜ケ崎幼稚園稲刈り体験

JA竜ケ崎では食農活動の一環として、竜ケ崎幼稚園の園児と保護者、教員100名を迎え、龍ケ崎市の圃場3アールで稲刈り体験教室を行いました。この教室は、稲刈り体験を通じて次世代を担う子供達に農業や農家に対する理解を深めてもらい、米や食の重要性、地元産農産物を地元で消費する「地産地消」を学んでもらうことを目的として、毎年開催されています。

 園児たちは、JA職員の指導を受けながら、のごぎり鎌を使い手作業で稲を刈り取り、6株を1束に束ね、乾燥用に用意された「はざかけ」に掛けるまでの一連の作業を体験しました。

 稲刈りを体験した園児や保護者は「昔の人の稲刈りの大変さが分かった。」「鎌で切るのが楽しかった。」と嬉しそうに話してくれました。

 稲刈り体験終了後には、JA竜ケ崎職員手作りの地元産の新米コシヒカリのおにぎりと地元産野菜を使った豚汁が振る舞われ、一生懸命稲刈りをした園児たちは、美味しそうに頬張って食べていました。

 

画像イメージ
購買事業 2016.09.02

食農体験活動/八原小学校大根種まき体験

JA竜ケ崎では食農活動の一環として、龍ケ崎市役所と共同で青首大根の種まき指導を行っています。

9月2日に龍ケ崎市藤ケ丘の龍ケ岡農業振興センターの圃場において、 龍ケ崎市立八原小学校2年生約132名、教職員6名、保護者13名により、種まき体験が行われました。

 児童たちは、約5アールの圃場に8列敷かれたマルチの穴に指で穴を空けて2粒ずつ種を播いた。「50センチ以上のおおきい大根になれ」「土がさらさら。やわらかいね。」「収穫したらお母さんとみそ汁をつくってみたい。」とそれぞれ期待を膨らませながら種を播いていました。

 浅野教頭先生は、「子供たちにとって、種から野菜を栽培するのは初めての体験。大地と触れ合って野菜を自分たちで作るという機会をいただき有り難く思っています。」と語ってました。

 今後、11月上旬に大きく成長した青首大根(徳誉)を収穫する予定です。

画像イメージ
購買事業 2016.07.11

相続の基本と対策について学ぶ

 平成27年1月1日に相続税等税制が改正になり、相続税の控除額が引き下げられ、相続税を納める課税者が増加の傾向にあります。農地は固定資産税も安いから相続税もかからないだろうと思っていませんか?当JAの組合員様が所有している田んぼや畑も立派な課税対象の財産です。

そのような組合員の皆様の疑問等を解消するため、7月9日(土)にJA竜ケ崎本店2F大会議室にて、「相続の基礎知識と対策セミナー」を開催しました。当日あいにくの雨にもかかわらず、相続や税制度について詳しく聞きたいという23名が参加されました。

 セミナーの内容は「相続の基礎知識と対策」「相続(争族)の事例」「質疑応答」の三部構成で行われました。JA共済の共済金にかかる税や、実際にあった相続事例を交えてわかりやすく説明していただきました。

「トラクターやコンバインは相続財産ですか?」「農地の固定資産評価の倍率について」など多数質問が寄せられ、参加者の関心の高さが伺えました。

画像イメージ
購買事業 2016.07.01

豆粒型除草剤の実演散布行う

JA竜ケ崎の本店・東部・西部・中央・わかくさの各支店管内の組合員様の圃場をお借りして豆粒型除草剤の実演散布を行いました。

当日は「トップガンL250」の実演散布をひしゃくで散布しました。

とけやすいのが特徴で、今回は、僅か数分ほどで散布が終了し、30aの圃場に散布した薬剤が約30分ほどで拡散しました。

圃場を提供していただいた組合員様ありがとうございました。

 

今回実演散布を行った除草剤の特徴は下記のとおりです。

◎「軽い」「簡単」「まきやすい」がキーワード

※男性のみならず、女性でも簡単に畦から散布可能。省力・短時間、散布が楽です。

  ・豆つぶ除草剤は重さが250g/10aで軽い。

・豆つぶが砕けながら自己拡散するため、50a程度の大型圃場でも田んぼに入らずに散布ができる。
⇒風上から散布すると少ない力で遠くまで飛ばすことができる。

・粒が大きく、まきやすい。薬剤の拡がりが見える。

◎手まき散布、ひしゃく散布、動力散布機など、まき方が選べる。
 ・おすすめはひしゃく散布。(小さな力で遠くまで飛ばせるから)

◎今まで通りの除草剤の使い方で使用できる。
・散布時は深め(5~6cm)の湛水状態で止水にして散布。7日間は落水、かけ流しをしない。(フロアブル剤、ジャンボ剤と変わらない)
 ◎多彩なラインナップ

新発売の初中期一発除草剤「ナギナタ豆つぶ250」、定番の「トップガン」の豆つぶ(商品名「トップガンL250」)、初期剤の「ショキニー豆つぶ」。

その他、斑点米カメムシ対策の「スタークル豆つぶ」等があります。

画像イメージ
購買事業 2016.06.22

7/16~18 ダイナミックフェアが開催されます

 7/16(土)・17(日)18(祝) 9:00~16:00に  JA全農いばらき農機総合センター特設会場にて、2016農機・生産資材展示会が行われます。
同時開催で、中古農機展示即売会や抽選会、農作業のマル得情報満載のミニ講座も行いますので是非ご来場ください。

画像イメージ
購買事業 2016.06.21

6/26 終活セミナー開催

相続・葬式・お墓・保険・遺言書のことなどを事前に考える
「終活セミナー」が
6月26日(日)10:00~11:30 
JAホール竜ケ崎で 開催されます
定員がございますので事前のご予約お願いします。

画像イメージ