JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)

採用情報
乙姫様の運勢占い

※例/19750305

龍ヶ崎市の天気予報
JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)全体マップJA竜ケ崎管内マップを見る

JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)の農産物ページです

人気の家庭菜園コーナー、旬の料理、竜ケ崎の農産物の紹介など盛りだくさん!

JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)の直売所コーナーページです

人気の家庭菜園
農業のプロがまとめた、家庭で簡単に出来る家庭菜園を
オリジナルイラスト付きで紹介!

秋まきが収穫しやすい ほうれんそうは、冷涼な気候を好みます。酸性土壌にはたいへん弱く、発芽しても育ちません。排水不良に弱く、日が長くなると
とう立ちしてしまうので気をつけましょう。

種まきの2週間前に、1㎡あたり150gの苦土石灰をまいて耕します。1週間後に1㎡あたり3kgの堆肥と100gの化成肥料を入れ、幅50cmの畝をつくります。まき溝を平らにすると覆土の深さも均一になり、発芽や生育もそろいやすくなります。でこぼこがあると、水が低いところにたまって立ち枯れが おこりやすくなってしまいます。

栽培カレンダー(目安) 簡単ほうれんそう作り

種をまく前に、
土を十分に湿らせて、
まき溝いっぱいに種を
ばらまきする。発芽まで土を
乾燥させないようにする。

本葉が1~2枚のときに、
1回目の間引きを行う。
2回目は、本葉が3~4枚の
ころに行い、株間を
5~6cmにする。

2回目の間引き後、畝間に
化成肥料を施し、軽く耕して、
土寄せする。

12月以降は北側に竹や木の
枝を立てて風除けをする。
また、冬取りするときには、
ビニールや寒冷紗で
トンネルをかける。

種まき後、50~60日ぐらいで
収穫する。大きくなったものから
株元の土をおさえて間引くように
引き抜いて収穫する。

バックナンバーもご用意しております。是非ご覧下さい

[No.1] 土づくり [No.2] こまつな [No.3] ナス [No.4] ニンジン [No.5] シュンギク [No.6] 大根 [No.7] にら [No.8] 防寒・防霜 [No.9]えだまめ [No.10]じゃがいも [No.11]ねぎ [No.12]みつば
[No.13]きゅうり [No.14]キャベツ [No.15]トマト [No.16]ほうれんそう   [No.17]トウモロコシ [No.18]かぶ(最新)

JA竜ケ崎の自慢の野菜・果物の販売サイトはこちら
農産物のメニュー画面へ戻る
JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)のサイトマップ

ピックアップ

茨城県産コシヒカリ「つくばのかおり」JAホール竜ケ崎 農協牛久地区葬祭センター

“龍”と“竜”の表記について

「龍ヶ崎or竜ケ崎ってどう違うの?」

茨城県の南部に位置する龍ヶ崎市。市名や行政は「龍」で表記されます。
その龍ヶ崎市と隣接する牛久市・利根町を管内とする農業協同組合が「JA竜ケ崎」です。