夏の思い出フォトコンテスト
企画内容 お米・野菜・果物に関する写真を使ったコンテスト
お米・野菜・果物がテーマであれば、野菜そのものの写真や、食べている表情の写真など、内容は自由となります。
美味しそうな写真からユニークな写真など幅広い作品を募集しております。
最優秀賞1名 各賞品について
■最優秀賞1名
新米10kg 季節の野菜
■優秀賞3名
新米5kg 季節の野菜
■入選5名
新米2kg 季節の野菜
■佳作6名
季節の野菜
結果発表 「夏の思い出フォトコンテスト」結果発表!(応募総数84通)
たくさんのご応募ありがとうございました。
入選した方への賞品は、揃い次第発送させていただきます。
最優秀賞 ※画像をクリックで拡大表示されます。
福岡県 太野 美恵子 様  『 おばあちゃんの畑で 』
[コメント・説明]
田舎に帰って、おばあちゃんの畑で収穫を楽しむ子どもたちです。早速晩御飯は自分たちも手伝って収穫した野菜や果物を使った料理に舌鼓を打つ子どもたち。自然の恵みに触れ合えた贅沢なひと時でした。

[JA竜ケ崎市からのコメント]
女の子の嬉しそうな表情がとても印象的な写真です。写真を見ていると、おばあちゃんの畑で収穫した野菜の味まで伝わってきそうな気がします。最優秀賞おめでとうございます!
優秀賞 ※画像をクリックで拡大表示されます。
東京都 山川 沙梨 様  『 そろそろ食べごろ 』 和歌山県 木下 滋 様  『 たわわに実って 』 北海道 紅露 雅之 様  『 ジャガイモの花満開 』
[コメント・説明]
小さなカエルが大きな野菜を狙っているみたいで可愛かった。
[コメント・説明]
「日本の棚田100選」の一つ和歌山県有田川町の「あらぎ島」で、稲の収穫の季節を迎えた朝の風景です。
日本の原風景とも云える棚田、いつまでも守りたいものです。
[コメント・説明]
倶知安町郊外の、羊蹄山山麓で見かけたジャガイモの花が咲き乱れた光景。おいしいジャガイモに育って欲しい。
入賞 ※画像をクリックで拡大表示されます。
東京都 具志堅 司 様  『 じいちゃん届かないよー 』 埼玉県 鴫原 千晴 様  『 モモ〜 』 北海道 紅露 雅之 様  『 おにぎり大好き 』
[コメント・説明]
ヘチマの収穫を息子が手伝ってるところです。
しかし届かないので、じいちゃんが持ち上げてますがあと少し足りないようです。
[コメント・説明]
去年2歳の息子が初めて桃狩りをした時の写真です。
桃をとる時の真剣な眼差しと、とった時のうれしそうな表情は忘れられません!
[コメント・説明]
一番下の孫娘は、白いご飯が大好きで、勿論おにぎりも大好き。がぶりと噛み付いていた。
宮城県 野口 正史 様  『 かぼちゃの天文台 』 神奈川県 吉原 清哲 様  『 雄叫び 』
[コメント・説明]
今日は七夕。森の小さな天文台では織姫星と彦星の観測が始まります。二人が会えることを祈って。
きゅうりを望遠鏡に見立てて、庭で撮影した写真に琴座とわし座を加えました。
[コメント・説明]
大好きな「スイカ」が、畑に実っているを初めて見て、初めて収穫して、その喜びを体中で表現しています。
佳作 ※画像をクリックで拡大表示されます。
東京都 半澤 順子 様  『 自分で採れたよ! 』 和歌山県 木下 滋 様  『 早乙女 』 三重県 日沖 篤郎 様  『 やったー 』
[コメント・説明]
おばあちゃんが趣味で始めた家庭菜園に招待してもらいました。ピーマンがこんな風にぶら下がって出来るものだと初めて知りビックリした様子。慣れない手つきで、でも自分で摂りたい!と頑張ってハサミを使い、夕飯用のピーマンを自分で摂って嬉しそうでした。
[コメント・説明]
「日本の棚田100選」の一つ和歌山県有田川町の「あらぎ島」での田植え体験の日に撮影しました。
全国的に農業従事者の高齢化が進みつつある中、ここ「あらぎ島」では日本の農業の未来や現状に関心を持ってもらい、理解を深めてもらうために田植え体験や稲刈り体験を毎年実施しています。
[コメント・説明]
観光農園での光景です。孫がたまねぎの収穫体験をしました。土に触れる、畑でのたまねぎの実りを見るのも初めての彼でした。農園のおじさんに教わりながらたまねぎを収穫しました。収穫の喜びを「やったー」の言葉で表現していました。
埼玉県 木村 陽子 様  『 玉ねぎずらーり 』 埼玉県 木村 陽子 様  『 野菜大好き! 』 東京都 相山 華子 様  『 トマト、もいだよ! 』
[コメント・説明]
玉ねぎを干しているところを見せてもらいました。こうやって干すことで、長く貯蔵することが出来るんですね。
野菜炒めにパスタに餃子。串カツカレーにグラタンも。料理の名脇役ですね。
[コメント・説明]
おじいちゃんとおばあちゃんの畑で、野菜の収穫を手伝いました。おいしい野菜のおかげで、ピーマンもトマトも大好物です。
[コメント・説明]
今年の8月、トマト嫌いだった5歳の息子を連れてトマト収穫体験に参加したときの一枚です。真っ赤なトマトを収穫して大喜びの息子は、その夜、生まれて初めてトマトを食べることができました!