JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)

乙姫様の運勢占い

※例/19750305

龍ヶ崎市の天気予報
JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)全体マップJA竜ケ崎管内マップを見る
JAネットローン

JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)の最新情報ページです

旬の農産物情報、イベント情報、JAからのお知らせなどを公開しています。

最新情報

全てのカテゴリーの記事を表示する→

例年より10日ほど早い出荷-牛久河童大根目揃えを行う-

牛久河童大根の選別ライン

牛久河童大根の選別ライン

 JA竜ケ崎大根部会は、10月16日に牛久市小坂町の牛久営農経済センターで、根本洋治牛久市長、牛久市役所、稲敷地域農業改良普及センター、東京多摩青果、東京千住青果などの来賓各位を迎え、牛久河童大根の目揃えを行いました。参加した部会員は18名。

目揃えは、洗浄選別施設を稼働しながら実施。傷・割れ・曲がりについて、生産者・市場関係者が協議しながら、洗浄選別施設作業員へ選別のポイントを指示していました。今年は、例年より10日ほど早い10月2日から出荷が始まり生育も順調で、品質・収量とも良好に進んでいます。今回の目揃えで消費者の要望に応える出荷を心掛け、有利販売を目指すことを確認しました。部会員たちは、「部会員が増え、作付面積も4.5㌶増えている。洗浄選別施設の処理能力も限界に近いので、増設を検討してもらいたい。」と話していました。

牛久河童大根は、茨城県銘柄推進産地の指定を受けており、秋冬大根の作付面積は約25ha。10月~12月に約11万ケースが東京多摩青果・東京千住青果へ出荷されます。

category:販売事業 update:2017.10.24

ふれあいまつりに出店 -JAとりで総合医療センターで農産物販売-

 JA茨城県厚生連のJAとりで総合医療センターでは、地域の方々により開かれた病院を目指し、「ふれあいまつり」を開催しています。10月14日で26回目の開催となります。

院内では、血管年齢・血糖・血圧・骨密度・体力など各種健康測定、ガン医療や超急性期脳梗塞治療などに関する講演会、藤代高校吹奏楽部による演奏などが行われ、大勢の来場者で賑わっていました。

 

JA茨城みなみと共に農産物を販売

 JA茨城県厚生連はJAグループ茨城の一員で、JAとりで総合医療センターを含めた6カ所の病院と1つの診療所を経営しています。JA竜ケ崎では、同じJAグループ茨城の仲間として、JA茨城みなみと共に農産物販売で出店しました。ゴボウ・大根・里芋・キャベツ・栗などの新鮮な地元産農産物や、女性部の手作り味噌、生産者特製のシフォンケーキなどJAならではの商品を販売。JA職員だけでなく生産者も自ら販売を行いました。また、お餅や赤飯などの加工品も販売。特に、きな粉・あんこ・辛味の味が選べるつきたてのお餅が大人気で、つきあがる前から20メートル以上の行列ができるほどでした。ある客様は、「今日は雨が降っていて寒いので、温かいお餅が特に美味しい。」と話していました。

 JA竜ケ崎・JA茨城みなみの農産物販売出店は共に好評で、イベント終了の午後3時までには、ほとんどの商品が完売となりました。

category:販売事業 update:2017.10.18

冒頭挨拶する野口組合長

冒頭挨拶する野口組合長

  JA竜ケ崎では、1月23日に生産部会合同総会を県南農林事務所、稲敷地域農業改良普及センター、牛久市、龍ケ崎市、全農いばらき県南VFSなどの来賓・関係者参加のもと開催されました。

 総会では、各部会の事業報告・収支決算・事業計画・事業予算が議案にあがり、すべて満場一致で可決しました。

また前日、稀勢の里が優勝したことなど、新年早々めでたい話題にあやかり、各農産物も、消費者の要望に応える質の高い商品の出荷を目指すことを確認しました。

 野口浩組合長は「茨城県は、北海道に次いで第2位の農業王国。稀勢の里の優勝・鹿島アントラーズの優勝、圏央道境古河IC~つくば中央ICが開通、観光と農産業に今年は大いに期待できる。この勢いにのり、躍進して行きたい。」と語りました。

category:販売事業 update:2017.01.26

ならせ餅が直売所にお目見え

入り口に飾られた「ならせ餅」と寄贈者の薄井近一さん

入り口に飾られた「ならせ餅」と寄贈者の薄井近一さん

JA竜ヶ崎の利根農産物直売所に、「ならせ餅」がたわわに実りました。

「ならせ餅」とは、ナラやつばきの木の枝に実がなるように、紅白の丸餅を刺し、無病息災と五穀豊穣を祈願する茨城県の伝統行事。小正月の前日に当たる14日に行われ「二十日の風には当てるな」といわれているもので、19日まで飾られます。

このならせ餅は、利根直売所部会長の薄井近一さん(78)と(株)ウスイの従業員が、13日に平成28年産マンゲツモチ60kgを使って紅白の丸餅をつくり、同直売所に寄贈したものです。

利根直売所でも、19日まで展示が行われ、20日には直売所利用客に無料で配られる予定です。

 ならせ餅を寄贈した薄井近一さん(78)は、「米の豊作祈願と無病息災を祈願して、昔はどこの農家でも行っていたが、最近では少なくなった。茨城の伝統文化を風化させたくない。直売所の商売繁盛を祈願して毎年寄贈している。」と話していました。

category:販売事業 update:2017.01.17

女性部新年会が行われました

河内おとこ節を踊る女性部員有志

河内おとこ節を踊る女性部員有志

JA竜ケ崎女性部では、1月12日に竜ヶ崎ドライブインで、女性部42名、事務局関係者4名参加の下、平成29年新年会が開催されました。

女性部選出の一石昭子理事による、「今年も元気に女性部活動に参加し、女性部組織を盛り上げ、がんばって行きましょう。」との冒頭挨拶で一年の抱負を述べた後、会食を行い、カラオケを歌い、最後は有志による「河内おとこ節」で会は幕を閉じました。

JA竜ヶ崎女性部は、次週「川崎大師詣」を行う予定です。

category:販売事業 update:2017.01.12

JA竜ケ崎(家庭菜園・トマト等の農産物紹介)のサイトマップ

ピックアップ

茨城県産コシヒカリ「つくばのかおり」JAホール竜ケ崎 農協牛久地区葬祭センター

“龍”と“竜”の表記について

「龍ヶ崎or竜ケ崎ってどう違うの?」

茨城県の南部に位置する龍ヶ崎市。市名や行政は「龍」で表記されます。
その龍ヶ崎市と隣接する牛久市・利根町を管内とする農業協同組合が「JA竜ケ崎」です。